works180203_01.JPGworks180203_02.JPGworks180203_03.JPG

明るい陽が射し込む、見晴らしの良い南向きのお部屋。

この度、お選び頂きました生地に張り替えたローズウッドのバルーンバックチェアや、全体に入る象嵌が美しいベントガラスのコーナーキャビネットをお納めいたしました。

椅子は、事前にお写真を頂戴したお持ちのテーブルに合うよう色味をあわせて仕上げ、型紙を取っていただき制作した天板用のガラストップと共に設置いたしました。

オリジナルの風合いを残しつつ仕上げたコーナーキャビネットは、ご検討の際気にされていた天井の梁やカーテンボックスとも干渉することなく美しく収まりました。

これからも大切にお使い頂きます。

 

works180113_01.JPGworks180113_02.JPGworks180113_03.jpgworks180113_04.jpgworks180113_05.JPG

この度、改築前よりご相談頂き、幾度かの買付けに渡り連れ帰りましたアンティークスをお納め致しました。

ダイニング中央壁面には復活のキリストが描かれた美しいステンドグラスを設置し、正面には天使があしらわれたシャンデリアをご採用頂きました。

昼間は大きな出窓から陽が射し込みますので良質な音楽と共にティータイムをお愉しみになり、夜は訪れる方々とゆったりとディナータイムをお過ごし頂くため8人掛けのダイニングセットを配置致しました。

このダイニングテーブルは、最大3mを超える英国メイプル社製のワインドアウトテーブル。
そして美しい彫刻が全体に施された、同じくボウル アンド クロウのチッペンデールダイニングチェアを合わせてお使い頂きます。

廊下の壁面には、優しい表情を浮かべた御二人が描かれた受胎告知をお飾りになり、昼夜を問わずご覧頂ける工夫を施してくださいました。

お取り付けや施工に関しましては、現地の工務店の方々や大工さん、関係者の皆様に全面的にご協力いただき美しく納まりました。

また、カメラマンによる撮影写真を頂戴し、使用許可を頂きましたので差し替えいたしました。(2018.1.13更新)
Photo by 渡部信光

この場を借りて御礼申し上げると共に、二期工事もどうぞ宜しくお願いいたします。


 

住宅|ステンドグラス新規制作

works171124_01.jpgworks171124_02.jpg

works171124_03.jpgworks171124_04.jpgworks171124_05.jpg

この度、新旧様々なガラスを使用し、透明を基調としたステンドグラスをお納め致しました。

屋内で一際高く取られた階段吹き抜けに入るスリット窓、目隠しも兼ねてテクスチャの大きなものをお選び頂き制作致しました。

中央に入るアンティークのロンデルやポイントで配置したカットジュエルなど、天気や観る角度によってキラキラと輝きます。

建物の周りに使われているロートアイアンの雰囲気に合わせ、屋外からご覧になった際も統一感のある綺麗な窓が完成致しました。

works171117_01.JPGworks171117_02.jpgworks171117_03.JPGworks171117_04.JPGworks171117_05.JPGworks171117_06.JPG

2012年に竣工された新園舎に、ステンドグラスをご採用頂いた久世西保育園様。

この度、別館として新たに完成しましたくぜにし保育園アネックスエントランスに、ステンドグラスをお納め致しました。

オリジナルで制作されたアイアン門扉にも多用されているロンデル(ブルズアイ)ガラスを使用し、動きのある配列で仕上げました。

使ったロンデルは、細かい色味や8mm以下というシビアな厚み指定にもかかわらず、1枚ずつ焼いて下さった吹きガラス職人さん達の手作り。

取り付けに際しましては、施工会社の方々にも全面的にご協力頂きました。

そして、今回の竣工写真を送ってくださった設計事務所の担当の方には制作前から相談に乗って頂いたりと、本当にたくさんの方々の協力のもと完成致しました。

この場を借りて、あらためて御礼申し上げます。


2012年 本館ステンドグラス作業風景

works171103_01.jpgworks171103_02.jpg

有機的な曲線が美しいアール・ヌーヴォーの椅子。

この度、大きなブルボウズが印象的なドローリーフテーブルに合わせ、お選び頂きました生地に張替えお納め致しました。

お持ちだったダイニングチェアも、以前にお預りしてメンテナンス及び張替えを行いましたので、お客様がいらした際などテーブルを広げて皆様でおくつろぎ頂きます。

メンテナンスに関しましては、買い付け時より濃い目に仕上げられており、座面の中の様子からもオリジナルの状態をキープされて現在に至っておりましたので、その雰囲気を壊さないよう仕上げました。

これからも大切にお使い頂きます。

月別記事一覧