買い付け準備

2018-10-07

先月より、買い付け準備に入っています。

毎回、滞在中に出会うモノたちに期待を込めて地図のない宝探しのような旅をするのですが、運とタイミング次第というギャンブルのような一面もあります。

実際に前回の買い付けでは、小規模ながらアンティーク小物がたくさんあると聞いたフェアに初めて行ってみることにしていたのですが開催直前で中止になったり、前々回とても良いモノが揃っていたお店に訪れてみると何もなかったりといろいろあります。

そんな中、すごく頼りになるのが信頼の置ける現地のアンティークディーラーさん達。
大きな会社でされているところもあれば、個人で良いモノだけを扱う方もおられます。
回を重ねるごとにそれぞれが得意とされるアイテムも理解でき、お客様からご依頼があればその内容に合わせたディーラーさんに打診し事前に紹介していただきます。

下の写真は、現在仕入れることを前提に紹介してもらっているアンティークたち。
blog181007_01.JPG
blog181007_02.JPGblog181007_03.JPG
blog181007_04.JPG
各パーツを自然光の元で撮影していただき、クオリティや状態を教えてもらいます。
「これは欲しい!」と思えば即決して、迷うところがあれば行ってから実際に確認します。
もちろん競争相手もいますのでSoldになったらあきらめますし、致命的な欠損や破損があればどんなに立派に見えるモノでも買いません。

blog181007_05.JPG
写真を拡大してしっかり見ると部分的に外れているところもありますが、このコは連れ帰ってメンテナンスしようと思っています。

blog181007_06.JPG
そんなやり取りの中で、今回たくさんのアンティークロンデルが見つかりました。
今後の修理や制作に使おうと思います。

blog181007_07.JPG
余談ですが、「キャスターだけ売ってくれ!」と言って断られました(笑)

blog181007_08.jpg
最後に、これはあるディーラーさんの鍵ストック。
写真は一部なのですが、うちの比にならないぐらいお持ちです。
鍵が無くなってしまっている扉や引き出しに、そこの社員さんたちと一緒に合う鍵をゴソゴソ探して、スッと開く1本が見つかった時のハイタッチは楽しみのひとつです。

現在、オークションで落札した家具を含め、イギリスの倉庫に20点ほどストックしています。
渡英は11月を予定しておりますが、少し先になりますので詳しい日程はあらためてご報告いたします。

お探しのアンティークスがございましたら、いつでもお気軽にお問合せください☆
 

カテゴリ

月別記事一覧