● 工房ブログの記事一覧

東寺の森

またもや前回のブログから時間が経ってしまいましたが、無事に完成しこの度掲載の許可をいただきましたのでプロジェクト・施工事例とともにブログ更新いたします。

先ず、本件制作中にはご依頼をいただいたにもかかわらず、多くのお客様にお待ちいただきお詫びいたしますと共にあらためて御礼申し上げます。

blog180706_01.JPG
「東寺の森」と題して2階部分に葡萄を描き、1階部分はどんぐりやキノコを配置しました。
葡萄は欧米を中心として宗教的な意味合いもありますが、古来よりその鈴なりに実る姿から縁起物としても知られています。
ステンドグラスのモチーフとしても多用されており、必然的にピース数も増えるので作り甲斐のあるものになりました。

blog180706_02.JPG
blog180706_03.JPG
手流しの色ガラスを使いましたので、同じ色番のものでも1枚1枚表情が異なります。
どの部分をどの向きで切り出すかによって絵が変わってきますので、1ピース切っては周りのピースと見比べて組み上げていきます。

blog180706_04.JPG
組み上がると、自然光や人工照明を当てて、昼夜の見え方を確認します。
計16枚あり全てを同時に並べることが出来ないため、1枚出来上がるとその上下左右に並ぶパネル単位で色の繋がりや流れの向き、ガラスの切り間違えがないかなども確認します。

パネルを何度も持ち上げては下ろし、ひっくり返しては持ち上げてを繰り返しますので結構いい筋トレになります。。

blog180706_05.JPG
同時進行で制作していただいていた鉄フレームが建物に設置されたと聞き、「今作っているステンドグラスは、本当にちゃんと入る寸法なんだろうか?」と不安になり実寸の型紙を持って幾度も現場に合わせに行ったり…

blog180706_06.jpg
何気なく置かれていたコンテナの中身がとても気になったり…



blog180706_07.JPG
そんなこんなで全てのパネルが完成したら1枚ずつ写真に撮り、最初に描いた図面の中に並べて最終確認を行います。

「東寺の森」ということで、やはり何かそれらしいものも入れたほうが良いのだろうか?と一番下に蓮を描こうと思った時期もあったのですが、最終的には言われてみればそう見えなくもないクローバーにしました。
こっそり入れた四葉に、どなたが一番最初に気付いてくださるか楽しみです。

ちなみに、しつこいぐらいに何度も連呼している「東寺の森」ですが、そう呼んでいるのは我々クレアアンティークスの職人だけですけどね(笑)


blog180706_11.JPG
打ち合わせの帰りに拝観させていただいた夜桜ライトアップ(写真は今年4月に撮ったものです)
月夜を背景に映し出される満開の桜と五重塔は一見の価値ありです。

blog180706_12.JPG
最後になりますが、この度の屋根に瓦を葺かれた横山製瓦工場さま
「鬼瓦の一つにちゃんと名前入ってるから、あとで写真送るね」と、糧となるお写真を頂戴いたしました。
「足場使ってね」とお声掛けくださった施工会社の現場監督さんや、夜遅くまでお付き合いくださった設備屋さんなど
お世話になった多くの職人さんたちにも、あらためて御礼申し上げます。

 

気付けば約半年...

日々のメンテナンスや制作風景、ちょっとした小ネタを交え職人目線で好き勝手書いている工房ブログですが、昨年11月よりだいぶんと時間が経ってしまいました。

そんな中、拙いブログにもかかわらず更新を楽しみにしてくださっているお客様から「最近ブログ書いてないよね?」や「ブログやめちゃったんですか?」とお尋ねいただきましたので、久々に更新しようと思います。

実は、昨年の初め頃からお話を頂戴していた、ステンドグラスの制作プロジェクトが秋に具体化しました。
面積も大きく、デザインを描くところからでしたので、設計図面の把握からスタートしました。

たくさんの方々が関わる現場のため、何度も打ち合わせを重ねて一つひとつ形にしていきます。

27544662_1341242535980476_1799546216758234987_n.jpg

特に上部がアーチ型のため、直線に比べて形を合わせるシビアな作業が必要になります。
基本的にはPCで絵を描いて実寸データを作るのですが、アールや割付けの数値変更があればその都度描き直すことになるので、設計や施工の方々とも密な連携を取りながら進めて参りました。

今年に入りすべての数字が確定すると実寸型紙を印刷にまわし、同時に材料調達や日程調整、工房にて作業スペースの確保など一気に動き出しました。

ガラスを切り出しステンドグラスを組みはじめ、作業ペースを掴むや否やイギリスから家具を満載にしたコンテナが予定より早く到着したのは予想外でした(笑)

そうこうしている間に、先日ステンドグラスを設置するフレームが取り付けられ、あとはここに納めるため制作続行となります。

29136143_1375435695894493_3525825541750714876_n.jpg

お仕事に対しまして、職人一同大きいも小さいもなく全てのご依頼に同じスタンスで臨んでおります。
しかしながら、物理的な大きさや複雑な作業内容に関しましては、手の数が限られており工房設備の制約もありますのでお時間をいただいております。

もちろん、ブログに書くネタやその時間はありましたが、現在、制作のご依頼を頂戴しているにも関わらずお待ちいただいているお客様もいてくださいますので、少しでも制作時間へ回したいと考えておりました。

上記のステンドグラスが完成し写真の使用許可をいただければ、次回のブログまたは納品事例で書きたいと思います。

では、工房へ行って参ります!

運命

前回の買付けで連れ帰った、ビクトリア時代後期のミュージックキャビネット。
植物や鳥が描かれた繊細な象嵌も然ることながら、木目の流れに至るまで意匠の一部として作り込まれた英国家具です。

実は、この家具との出会いは、それよりも更に1年ぐらい前に遡ります。

ある日、現地のアンティークディーラーさんからメールをもらいました。
内容は「良いモノが出たぞ!」でした。

添付資料を開くとこのキャビネットが写っており、直ぐにでも欲しいと言いたいところでしたが、価格も決して即答できる数字ではありませんでしたし「やはり現物を見たい」と返しました。

blog171119_01.jpg

翌日、また連絡が来たのですが、その文章は「Sorry」から始まっていました。

このキャビネットを紹介してもらうまでには、間にもう一つ異なるディーラーさんが入っていたらしく、我々の返事を待つ前に買い手が決まったという内容でした。

業者間の取引ではこのようなケースもたまにあるのですが、売れたと聞くと余計に欲しくなりますね…。

そこで、どこの国のどの店が買ったのかこっそり尋ねると、業者ではなく個人で購入されたとのことでした。

blog171119_02.jpg

その売れてしまった家具が何故クレアアンティークスにあるかと言うと、運命の様なものを感じます。

この家具を購入されたのはイギリスのご婦人で、その後その方の屋敷に納められました。
実は、かなりお年を召されていたようで、その素晴らしい人生を送られたご婦人のご家族から「この家具を譲りたい」と言って頂き日本へ連れ帰りました。

もちろん今回は特殊なケースです。
そして、買い叩くのが仕事ではありませんので、その価値を落とさない金額で現地仕入れとして買い取らせて頂きました。

(クレアアンティークスでは、お持ちのアンティーク品買い取り及び委託販売等は行っておりません)

blog171119_03.jpg

この度、これらの経緯を全てお話して、「アンティークなモノは全てそうですよね(笑)」と言いながらこれからも大切にしてくださる方の元へ。

ずっとそこに在ったかのように、ぴったりと納まりました☆

 

鍵の中

過去のブログでも少し触れたことがある『鍵』ですが、メンテナンスを含み少しご紹介しようと思います。

先ず、家具に付いている『鍵』を大きく分けると3つあります。

写真(上) 鍵と取っ手が別々に付くモノ
写真(中) 鍵と取っ手が一体型のモノ
写真(下) 鍵のみのモノ

blog171022_01.JPG
blog171022_02.JPG
blog171022_03.JPG
仕様はそれぞれですが、全てに共通するのが鍵を掛けることで扉や引き出しが固定されます。
扉に関して言えば、鍵を掛けることで勝手に開くのを抑えるラッチの役目も兼ねています。
ですので、鍵のみが付いた扉はそれひとつで『鍵』・『取っ手』・『ラッチ』の三役をこなす重要なパーツです。

そして、下の写真は鍵のみが付いた引き出しです。
正面から見ると鍵穴だけがあり取っ手などが付いていませんので、ロックが掛かっているいないにかかわらずキーが無いと引き出しを引っ張ることすら出来ない仕組みになっています。
blog171022_04.JPG
blog171022_05.JPG
余談ですが、引き出しの底には糊付けされた紙が敷かれていて、剥がすととても綺麗な状態でした。

blog171022_06.JPG
話を戻しまして、そのキーボックスを外しました。

実際に鍵は可動していましたがキーの回りが悪く、自分たちが買う側だったら中の状態も気になりますよね。
買い付けに際しては買う側なのですが、以前に書いた椅子の座面を剥がすのと同じで、買う前に分解したら叱られますので(笑)

blog171022_07.JPG
裏返すと稀に見る錆び様でした。

キーボックスにも幾つか種類があり、ほとんどの心棒は鉄製ですが、内側のカバーは鉄や真鍮とそれぞれです。
銅と亜鉛の合金である真鍮は加工性に優れ、緑青は噴きますが鉄のような朽ちる錆び方をしませんので、可動する鍵の中身として昔から使われていたのは納得です。
blog171022_08.JPG
もちろん鉄が悪いわけではなく、キーを抜き差しして回す度に擦れる心棒や板バネは、真鍮では代用できない鉄の特性を利用したものになります

blog171022_09.JPG
錆を取りクリーニングをして、錆止めを塗ります。

この際、磨き過ぎには注意します。
磨く=削ることになりますので、やり過ぎると余計な隙間が出来たり歪みが生じて、カバーの締りが悪くなったり鍵の動きがぎこちなくなることがあります。

blog171022_10.JPG
そんなこんなで、キーボックスのクリーニング完了です。

blog171022_11.JPG
あとは、キーの微調整をして。。

blog171022_12.JPG
キーボックスを元に戻せば完成です♪

blog171022_13.jpg
クレアアンティークスでは、お持ちの家具の鍵修理や合鍵作成も承っております。

その他のメンテナンスを含め、お気軽にお問い合わせ下さい。

 

訂正

先週更新しましたブログにて、内容に誤りがありましたので訂正いたします。

クレアアンティークス店舗入り口のドアについて書いた記事でしたが、オープン時から順を追ってご紹介したつもりが1枚すっかり忘れておりました。

下の写真、全面ステンドグラスのドアが三代目です。

このドアたちの今の姿はこちらをご覧ください。
blog20170915_01.jpg

ですので、写真は前回と重複しますが、こちらは四代目となります。
blog20170915_02.jpg

そして、本日五代目のドアが入りました。

高さの丁度良いドアが倉庫にありましたので、それを使うことにしました。
幅が7cm狭かったので、左右を3.5cmずつ足して大きさを調整しました。
ステンドグラスは回りに青いボーダーを配置してサイズを合わせ、最後に本体裏表を塗装して完成いたしました。
blog20170915_03.jpg
blog20170915_04.JPG

作業の合間を縫って2日で仕上げましたが、ペンキは乾いていますのでどうぞご安心ください(笑)

皆さまのご来店をお待ちしております☆

月別記事一覧