TOP

完了手前ではございますが

2016-05-27

長い航海を終えて到着したアンティークスは、適時メンテナンスに移ります。
ぐらつきや可動部の調整はいずれにせよ組み直しを行いますので除くとして、一番多いのが欠損部分の制作です。

下の写真は、現在メンテナンスしているキャビネットのコラムパーツです。
家具の上下を支えるため数本入る装飾柱ですが、その一部が欠損しています。
割れ口を見ると、かなり昔に割れたまま着色されていました。

当時、旋盤を使い制作されたものですが、縦に割れた半分が残っていますので、新しく作る部分はオリジナル部分を傷付けないように目で見て感覚で切り出します。

blog160527_01.JPGblog160527_02.JPGblog160527_03.JPGblog160527_04.JPG

粗切り、粗彫りを経て、形が決まれば仕上げます。
こちらの作業で、着色や磨きを含むトータルの制作時間は半日も掛かりませんが、欠けている部分や補強が必要な箇所が多ければそれに比例して全体の完成までに時間が必要となります。
そこで、現在までメンテナンスが完了していないモノは基本的にお出ししておりませんでしたが、オリジナルの雰囲気と職人達の主観を交えつつ“ある程度”綺麗になったアンティークスは店頭及びホームページでご紹介して行こうと思います。

色味や艶感、最後の仕上げはご希望に合わせてメンテナンスいたしますのでお気軽にお申し付け下さい☆

 

カテゴリ

月別記事一覧