TOP

旅のご報告 extra

2020-03-12

オープン以来ずっとお世話になっているディーラーさんのご厚意で、いつも移動の途中で通過するばかりだったLONDONへ10年目にして初めて出掛けました。

1日だけのご褒美でしたが、次はいつ観光できるか分かりませんのでここに記そうと思います。
blog200311_00.jpg
駅を降り、まず最初に現れたのがウェストミンスター。
宮殿は現在の英国議会議事堂ですが、言わずもがな代表的な観光名所なので訪れた方も多いはずです。
一同、第一声は「おぉ!写真と一緒やぁ」でした(笑)
blog200311_01.JPG
昔、ステンドグラスの楽しさを教えてくださった先生が制作された、女王即位60周年記念(Queen's Diamond Jubilee)の大窓がウェストミンスターホールに入っていると聞いていましたので、チャンスがあれば見たいと思っていましたが今回は叶わずでした。
しかも、まさかのビッグ・ベンが改修工事中...
blog200311_02.JPG
確か、大時計をデジタル時計に交換するとかしないとか?

冗談はさておき、工事は来年までのようなので、逆に今しか見られない珍しい姿にテンションが上がりました。

blog200311_03.jpg
そのまま少し歩いて、バッキンガム宮殿へ。

朝は大雨でしたが、次第に晴れてきました♪
blog200311_04.JPG
一緒に行った方が「掲揚旗がないので、今日はご不在だね」と。
blog200311_05.JPG
blog200311_06.JPG
それにしても立派です。

blog200311_07.JPG
4月(プライベート)と6月(公式)、1年に2回あるQueenのお誕生日。
そのパレードへ向けたリハーサル中でした。

blog200311_08.jpg
お昼に立ち寄ったのが、ナショナルギャラリーの向かいにある老舗のパブ。
エントランスのダベンポートが何とも良い雰囲気を醸し出していました。

blog200311_09.JPG
blog200311_10.JPG
そして、今回の目的はここV&A
訪れた日、たまたま『Kimono Kyoto to Catwalk』と題した特別展が催されていましたが、とりあえず常設展へ。
blog200311_11.JPG
blog200311_12.JPG
blog200311_13.JPG
blog200311_14.JPG
先ず、規模も然ることながら数に圧倒されました。
そして、それぞれの展示方法やレイアウトにも興味津々です。

blog200311_15.JPG
blog200311_16.JPG
blog200311_17.JPG
買い付け目線(笑)
blog200311_18.JPG
デザインの普遍性や、それを形にした職人たちの技術。
チッペンデール好きです。

blog200311_19.JPG
博物館ならではのキャプションも、あらためて勉強になります。

blog200311_20.JPG
blog200311_21.JPG
blog200311_22.JPG
ザ・英国家具

blog200311_23.JPG
blog200311_24.JPG
モリスの『ルネ王のハネムーン』はここに収蔵されてたんですね。
ちなみに、このシリーズのサイドボードも下にありましたが、暗くて撮れなかったです。

blog200311_25.JPG
blog200311_26.JPG
blog200311_27.JPG
blog200311_28.JPG
blog200311_29.JPGblog200311_30.JPG
blog200311_31.JPG
blog200311_32.JPG
blog200311_33.JPG
blog200311_34.JPG
blog200311_35.jpg
blog200311_36.JPG
blog200311_37.jpg
もうお腹いっぱいです。。。

blog200311_38.JPG
辺りが暗くなるまで満喫しましたが、ほんの一部しか観ることが出来ませんでした。

でも、時間がいくらあっても足りないということが分かりましたので、いつか買い付けとは別でゆっくり訪れたいと思います。

カテゴリ

月別記事一覧